記事で紹介していたキャプチャーボードがmacOSに対応していない件について、お詫びと訂正。

以前こちら「【MacBook】Switchのゲーム配信は簡単!本当に1から丁寧に説明する。#1 機材編。 」の記事で紹介していたキャプチャーボードのGC550 PLUSですが、mac非対応のモデルだったため紹介記事とリンクを消去させていただきました。

 

なぜmac対応していなかったGC550 PLUSを紹介記事に載せたのか経緯をご説明します。

私自身、ゲーム実況を始める際にキャプチャーボードを数多く調べました。

その中で必ず名前が上がってくる機種がGC550 PLUSであり、数多くのゲーム実況者が使用していて、とても優秀で信頼できるキャプチャーボードだということは存じていました。

私も購入しようと考えていましたが、当時はGC550 PLUSを求めて通販や家電販店で探しても在庫がなく、仕方なくAVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUSを購入しました。

私自身としては、本当はGC550 PLUSを使用したかった身です。

これから実況を始める方には、私のように妥協してキャプチャーボードを選んで欲しくないと思い、紹介記事に掲載させていただきました。

しかし、GC550 PLUSはmacOSには非対応でした。

私のGC550 PLUSの商品に対するリサーチ、および商品の解釈が未熟だったために、誤った紹介記事のせいで多くの方に誤解と混乱をさせてしまいました。

今回の件から、「【MacBook】Switchのゲーム配信は簡単!本当に1から丁寧に説明する。#1 機材編。 」ならびにそれらに関わる全ての記事を消去させていただきます。

皆様に正確な情報を届けるため、今後は不確実(不確定)な情報を発信することは2度と行いません。

本当に、大変申し訳ございませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました