初心者でも簡単に「読まれるブログ記事」を書ける8つのステップ。

全ての投稿
スポンサーリンク

こんにちは、ばしおです。

 

今回は、「初心者でも簡単に”読まれるブログ記事”を書く方法!」を書いて行きます。

 

僕自身は現在ブロガー2年目で、月間のPVは15万PVくらいの人です。

15万PVというと、まだまだ僕も初心者ですが、

 

ようやく「記事の書き方のコツ」みたいのを掴んできたので、一度アウトプットもこめて、

まとめていきます。

 

この記事を読めば、初心者の人でも「ブログの書き方」を理解でき、簡単に記事が書けるようになるはずです。

 

  • ブログ初心者なんだけど、どんな風に記事を書いたらいいんだろう?
  • そもそもブログの記事ってどうやって書くんだろう?
  • 初心者でも簡単に書ける方法ないかな?

このような悩みを持つ方の参考になると思いますので、是非見ていってください。

 

スポンサーリンク

初心者でも簡単に「読まれるブログ記事」を書ける8つのステップ。

 

ブログを書く手順としては、僕は8つのステップで書いています。

  1. キーワードを決める。
  2. キーワードから読者の悩みを考える。
  3. タイトルを決める。
  4. 見出しを書く。
  5. 見出しごとに文章を肉付けする。
  6. 「まとめ」と「導入分」を書く。
  7. 文字を装飾したり、画像を入れる。
  8. 自分で一度全部読んでみる。

この8つです。

 

この手順が1番スラスラと文章を書けて、個人的にも満足した仕上がりになります。

 

手順ごとに詳しく書いて行きますね。

 

⒈ キーワードを決める。

まず最初に、キーワードを決めましょう。

 

ここで言う「キーワード」というのは、Googleで検索するときに打ち込む単語のことです。

 

この記事でいうと、「ブログ 初心者 書き方 簡単」っていうキーワードを狙って書いてます。

 

「キーワード」を最初に選ぶ理由

「読まれるブログ」にするためには、「キーワードに対する答え」になるような記事を書かないと読まれません。

 

キーワードを無視して書いていたり、

キーワードに対して読者が求めてる内容と違ったりすると、

検索時の順位が下がり、結果的に読まれなくなります。

 

なので、絶対にキーワードを最初に決めてから書き始めるようにしましょう。

 

キーワードの選び方。

キーワードの選び方は、いろいろあります。

 

僕がよく利用しているのは「ラッコキーワード」というサイトを使ってキーワードを選んでいます。

ラッコキーワード|基本無料のキーワード分析ツール(サジェスト・共起語・月間検索数など)
無料でサクサク使えるキーワードリサーチツール。世の中のニーズをサクッと把握!コンテンツ制作/製品開発の市場ニーズのリサーチにお役立ていただけます。SEOを意識した記事コンテンツの制作補助機能も充実!

このサイトは、何か1つ単語を入力するだけで、よく検索されている後の単語を表示してくれます。

 

例えば、「ブログ 初心者」で検索をかけると↓

  • ブログ初心者 おすすめ
  • ブログ初心者 やること
  • ブログ初心者 テーマ

とか、いろいろ出てきますよね。

 

これらのキーワードを元にして、その「答え」になるような記事を書けば、読まれる記事になります。

 

ちなみに最初の単語はなんでもよくて、「好きなもの」や「好きなジャンル」について最初の単語を入れると良いです。

 

僕なら「スマブラSP」というゲームが好きで、それについて比較的詳しいので「スマブラSP」と検索して出てきたキーワードを決めてます。

 

なので、自分が詳しい分野や、好きなものを入力してみて、キーワードを決めましょう。

 

⒉ キーワードから読者の「悩み」を考える。

キーワードが決まったら、そこから「読者の悩み」を考えましょう。

 

これ1番重要です。

 

理由は上記でも書きましたが、「キーワードに対する答え」になるような記事を書かないと読まれないからです。

 

この記事で言うと、「ブログ 初心者 書き方 簡単」というキーワードを狙っているので、

  • ブログ初心者なんだけど、どんな風に記事を書いたらいいんだろう?
  • そもそもブログの記事ってどうやって書くんだろう?
  • 初心者でも簡単に書ける方法ないかな?

このような「読者の悩み」を想定して書いてます。

 

読者が悩んでいること、解決したいこと、共感したいこと、、

これらをキーワードから逆算して「何を解決するべきなのか」を確認しましょう。

 

キーワードから、読者の悩みがわからない場合。

キーワードから読者の悩みがわからない場合は、一度検索してみると良いです。

 

キーワードを検索してみて、1番上に表示されている記事が、「読者の悩みを最も解決できた記事」になります。

 

例えばこの記事なら「ブログ 初心者 書き方 簡単」で検索して、

1番トップに出てきた記事が、最も読者の悩みを解決できた記事になります。

 

実際に読んでみて、「その記事で解決できる悩み」を確認してみましょう。

 

⒊ タイトルを決める。

「読者の悩み」がある程度わかったら、タイトルを決めましょう。

 

タイトルには、ステップ1で決めた「キーワード」を必ず入れてタイトルを決めましょう。

 

この記事の場合は「ブログ 初心者 書き方 簡単」というキーワードを狙っているので

✔︎ 初心者でも簡単に「読まれるブログ記事」を書ける8つのステップ。

というタイトルにしてます。

 

あ、「書き方」入ってない。。。

(検索結果の「答え」になるなら、多少単語が違っても大丈夫です。

本当は入っていた方が良いけど。)

 

このタイトルを見れば、

「ああ、これを読めば初心者でも簡単にブログの記事を書けそうだな」

と伝わると思います。

 

なので、キーワードを入れつつ、パッと見て内容がわかるようなタイトルをつけると良いです。

 

タイトルは32文字以内で。

補足として、タイトルは32文字以内で書くようにしましょう。

 

なぜなら、それ以上の文字数は表示されなくなってしまうからです。

 

例えば、

✔︎ 【初心者でも絶対書ける!】ブログ記事の簡単な書き方を、8つのステップで詳しく解説する!

このような長いタイトルだと、

 

33文字目から「…」に変わります↓

✔︎ 【初心者でも絶対書ける!】ブログ記事の簡単な書き方を、8つのステ…

こんな感じになります。

 

なんかウケますね。

 

検索してる人に内容が伝わらない可能性があるので、タイトルは32文字以内で書きましょう。

 

⒋ 見出しを書く。

タイトルが決まったら、「見出し」を書いて行きましょう。

 

見出しは、記事の内容の中心となる部分であり、目次になる部分です。

 

見出しを最初に書いておくと、途中で話がブレにくくなり、文章を書きやすくなるし、

読者側からも読みやすくなります。

 

なので、本文を書く前には必ず「見出し」を書きましょう。

 

見出しの書き方。

見出しは、記事の内容をざっくりと「箇条書き」すればいいです。

 

この記事の場合は、最初にこんな感じで箇条書きしました↓

初心者でも簡単に「読まれるブログ記事」を書く方法

  1. キーワードを決める。
  2. キーワードから読者の悩みを考える。
  3. タイトルを決める。
  4. 見出しを書く。
  5. 見出しごとに文章を肉付けする。
  6. 「まとめ」と「導入分」を書く。
  7. 文字を装飾したり、画像を入れる。
  8. 自分で一度全部読んでみる。

全部で8つの箇条書き項目ができたので、途中からタイトルを「8つのステップ」に変えてます。

 

この箇条書きがそのまま見出しになります。

 

これだけで、読者にどんな内容なのか伝わりやすいですし、僕も何を書けばいいのかわかりやすくなります。

 

なので、まずは簡単でいいので、「箇条書き」で見出しを作ってみましょう。

 

⒌ 見出しごとに文章を肉付けする。

見出しができたら、あとは見出しごとに文章を肉付けしていくだけです。

 

その見出しに対して、より詳しく内容を書いたり、具体例を書くようにすればOKです。

 

例えば、本記事のステップ1の見出し「キーワードを選ぶ」に対しての肉付けは、

  • キーワードを最初に選ぶ理由
  • キーワードの選び方
  • 実際にキーワードを選ぶのに使っているサイト
  • そのサイトの使い方
  • 僕が使った例

このようなものを書いてます。

 

見出しに対して、より詳しく内容がわかるように、文章の肉付けをしていきましょう。

 

文章の肉付けに迷ったら。

文章の肉付けって、簡単に見えて1番面倒な部分です。

 

「文章が思い浮かばない。」

「何を書いたらいいのかわからない。。。」

ということが僕でもあります。

 

そんな時は、主張→理由→具体例→主張の順で文章を書くと良いです。

 

これは「PREP法」という文章の「型」です。

 

PREP法には、

  • 説得力がある。
  • 短時間で伝わる。
  • 文章が書きやすくなる。

この3つのメリットがあり、「文章術の基本」とも言われてます。

 

この記事のステップ1の「キーワードを選ぶ」の項目でも、実際に僕が使ってます。

✔︎ 主張

「読まれる記事」にするなら、最初に「キーワード」を選ぼう。

 

✔︎ 理由

「キーワードに対する答え」になるような記事を書かないと読まれないからです。

 

✔︎ 具体例

キーワードを無視して書いていたり、キーワードに対して読者が求めてるものと違ったりすると、検索時の順位が下がり、結果的に読まれなくなります。

 

✔︎ 主張

なので、絶対にキーワードを決めてから書き始めましょう。

 

このように「主張→理由→具体例→主張」と書き出すと、内容が伝わりやすく、頭に入りやすいと思います。

書いてる僕自身も、比較的スラスラと書くことができます。

なので、肉付けに迷った時は是非「PREP法」を使ってみてください。

 

(もっと詳しくPREP法を知りたい方はこちらから↓)

 

⒍ 「まとめ」と「導入文」を書く。

本文が書けたら、「まとめ」と「導入文」を書いて行きましょう。

「まとめ」は、記事の最後を締め括る文章で、

「導入文」は、記事の1番最初の文章です。

 

なぜこのタイミング(本文を書いたあと)で書くのかと言うと、「まとめ」と「導入文」は変化しやすいからです。

 

本文を書いてる途中に、本文の内容が変わったり、思ったよりも記事が長くなることがあります。

 

実際に、僕もこの記事を書いている時は「目次」がいろいろ変わりました。

最初は5つのステップで紹介するはずが、気づいたら8つになり、

ステップの内容も変わったりしました。

 

本文が変わると、いちいち「まとめ」と「導入文」を修正しないと行けません。

 

作業時間がもったいないし、なにより面倒です。

 

なので、「まとめ」と「導入文」は最後に書くことをおすすめします。

 

「まとめ」の書き方。

まとめでは、記事の「見出し」を改めて紹介すると良いです。

 

本記事で例えるなら、

✔︎ 初心者でも簡単に「読まれるブログ記事」を書く方法はこちらです↓

  1. キーワードを決める。
  2. キーワードから読者の悩みを考える。
  3. タイトルを決める。
  4. 見出しを書く。
  5. 見出しごとに文章を肉付けする。
  6. 「まとめ」と「導入分」を書く。
  7. 文字を装飾したり、画像を入れる。
  8. 自分で一度全部読んでみる。

この8つのステップで書くと良いです。

 

と、このように締めくくります。

 

見出しで紹介したことを改めて紹介することで、記事の内容が再度確認できるというわけです。

 

記事の内容をもう一度思い出してくれるので、まとめ部分では「見出し」を改めて紹介しましょう。

 

「導入文」の書き方。

導入文は、記事を開いた読者が最初に見る場所です。

 

僕は主に3つのことを書くようにしています。

  • 簡単な挨拶と自己紹介。
  • この記事を読んで解決できること。
  • この記事を読むのをおすすめな人。

この3つ。

 

今までいろいろなブログを読み漁ってきて、「この3つだけ書いておけばとりあえずOK」だと感じたからです。

 

ブロガーで月に数百万、数千万と稼いでいる有名な方々↓

  • まなぶさん
  • ひとでさん
  • クニトミさん
  • Tsuzukiさん

ここらへんの方々は、この3つのポイントを必ず書いてます。

 

なので、この3つのポイントだけでも書いておくのをおすすめします。

 

⒎  文字を装飾したり、画像を入れる。

「本文」を書いて、「まとめ」と「導入文」を書いたら、最後の仕上げです。

 

文字を装飾したり、画像を入れて、より記事の内容を伝わりやすくしてきましょう。

 

  • 文字を太くしたり、
  • マーカーを引いて重要な文章を目立たせたり、
  • 文章の感覚を開けて読みやすくしたり、
  • イメージ画像を載せてイメージを掴みやすくしたり、

 

正直、文章の装飾については完全に自由で良いと思います。

 

とくに「ああしろ」「こうしろ」というルールはありません。

 

自分でいろいろ自由に装飾して、「見栄えの良い記事」にして行きましょう。

この装飾の仕方で、ブログの個性も出てくるよ。

 

⒏ 自分で一度全部読んでから「公開」

ここまで終わったら、すぐに公開するのではなく、一度自分で全部読んでみましょう。

 

誤字脱字の確認や、記事全体で「読みにくいところ」がないかチェックするためです。

 

PCでブログを書いてる人に多いのが、「スマホで見ると読みにくい」という現象がよくあります。

 

  • 段落の位置がおかしかったり、
  • 画像が無駄に大きすぎたり、
  • 大きくした文字が予想よりも大きすぎたり、
  • 文字の感覚が詰まりすぎてて読みにくかったり、

 

最近は、PCよりもスマホでブログを読む人の方が多い傾向があるので、PCでブログを書いてる人は是非チェックしてみてください。

 

公開後は。。

公開後は、何日か経ってからPVを確認して、

 

自分の記事が読まれたかどうかチェックしましょう。

 

PVを見ると、良い記事だったのか、悪い記事だったのか判断ができ、

次の記事の参考にすることができます。

 

なので、公開後もPVだけはこまめに確認するようにしましょう。

 

まとめ

初心者でも簡単に「読まれる記事」を書ける方法を書いてみました。

 

改めて紹介すると、この8つのステップです↓

  1. キーワードを決める。
  2. キーワードから読者の悩みを考える。
  3. タイトルを決める。
  4. 見出しを書く。
  5. 見出しごとに文章を肉付けする。
  6. 文字を装飾したり、画像を入れる。
  7. 「まとめ」と「導入文」を書く。
  8. 自分で一度全部読んでから「公開」。

この8つ。

 

僕はこの手順で毎日ブログを書いて、月間15万PVくらいまでスルスルといけました。

 

高校時代の国語の平均点数40点の僕でもこのくらいまで行けたので、みなさんでも達成できると思います。

 

初心者ブロガーの方の参考になれば幸いです。

 

以上。

 

終わり!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました