寝れない時にスッと眠れるようになった3つのコツ。

全ての投稿

こんにちは、バシオです。

 

最近まで夜なかなか寝付けなくて困っていました。

寝ようと必死にベットの中に入っても思考が冴えてしまって寝れない日もあり、、。

 

どうすればスムーズにと寝れるんだろう?と考えた結果、3つのコツにたどり着きました!

今回は僕が体験した「スッと寝るための3つのコツ」を紹介します!

 

寝れない時の眠り方!簡単な3つのコツ!

寝れない時の3つのコツはこちらです↓

  • 体を温める。
  • 液晶画面は見ない。
  • 気楽に過ごす。

詳しく説明します。

 

① 体を温める。

寝る90分前にお風呂に入って体を温めましょう!

お風呂が面倒な人はシャワーでも大丈夫です。

 

人間は体温が下がると眠くなる。

人間というのは実は体温が下がると眠くなる生き物です。

雪山で眠くなるのもその原理ですね。

 

え、けどさっき「温めよう」って行ってたのはなぜ?という疑問があると思います。

 

体を温めることで、体温が下がるようにする。

無理やりお風呂で身体を温めることによって、そこからは体温が下がるしかなくなります

お風呂に入る以上に勝手に身体が温まることはないので、そこから体温が低下するとともにスッと睡眠に入れるようになるわけです。

 

ポイント①

寝る90分前にお風呂に入ろう!

 

② 液晶画面は見ない。

寝る前はパソコンやスマートフォン、ゲームの液晶画面を見るのはやめましょう。

 

ブルーライトが目を刺激する。

液晶画面からはブルーライトという特殊な光が出ています。

この光が目を覚ましてしまうのです。

 

寝る前にスマホを見るのが日課の人は1回スマホを置いて、

本を読んだり音楽やラジオを聞いたりしましょう。

 

液晶を使うコンテンツをいかに減らせるかが大事です。

ポイント②

寝る前はスマホをベットの遠くに置こう。

 

③ 気楽に過ごす。

「寝れない!寝れない!うわあああ!」

焦っても寝れません。

焦らず気楽に過ごしましょう。

 

ゆったり時間を過ごしてリラックス。

人間はリラックスすると眠くなります。

マッサージされると眠くなるのと一緒です。

 

暖かい飲み物でも入れて、本を読んだり音楽を聞いて心も身体もリラックスさせましょう

緊張や興奮から解放されれば、眠気がやってくるでしょう。

ポイント③

焦っても寝れない。ゆったり過ごそう。

 

まとめ

3つの眠るコツを書きました。

  • 体を温める。
  • 液晶画面は見ない。
  • 気楽に過ごす。

意外と基本的なことかもしれません。

けど、この基本こそが1番自然に寝落ちしやすいです。

 

僕は寝る前の過ごし方を変えることで、翌日の元気度が変わりました。

(めっちゃ元気。顔色も良い。)

 

皆さんも寝る前の過ごし方を少しだけ変えてみて、翌日の活力に変えてみてはいかがでしょうか!

是非試してみてね。

 

終わり!

参考文書の紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました