【Horizon zero Dawn】フォトモードで綺麗にカッコよく撮るコツ!

全ての投稿

 

・綺麗な写真が撮りたい!

・なんかコツとかあるの?

今回は、このような疑問を持っている人へ「フォトモード撮影のコツ」紹介する!

 

この記事を読めば、誰でも簡単に綺麗でカッコいい写真が取れるようになるだろう!

 

僕の作品を一部紹介↓

ちなみに僕は写真やカメラの知識もなければ、今まで興味もなかった。

 

そんな僕だが、ある「コツ」を意識しただけで以前よりも随分マシに写真を撮れるようになった。

 

僕でもできるから、皆さんもできる。

是非覚えていってほしい。

 

フォトモードで綺麗にカッコよく撮るコツ!

結論から言うと、

フォトモードで大事なのは「順番」だ。

 

フォトモードを起動すると、いろんな設定が調節できる。

好きなようにやってもいいが、設定の順番を守るだけで写真のクオリティがグッと上がる。

 

一回騙されたと思ってやってみてほしい。

それでは手順ごとに解説していく。

 

①時間帯を決める

まず最初は時間帯を決めよう。

時間帯を変えると太陽や月の「光」の位置が変わり、明るさが変わる。

 

写真を撮るにあたって「光」はとても重要だ。

光の”当て方”や”明るさ”次第で写真はかなり変わる。

 

「時間帯」はとても大きな要素なので、一番最初に決めてしまおう。

 

②画角を決める

時間帯がきまったら、次は画角だ。

  • どのアングルで撮るのか
  • 何をメインに撮るのか

いろんな角度から見て画角を決めよう。

 

好きなように画角を決めてもいいが、

「構図」を意識すると、より綺麗な写真になる。

 

「構図」に関しては、こちらのサイトがとてもわかりやすいので参考に紹介しておく↓

写真が上手くなる!写真の基本構図10選【カメラ初心者向け】 - くらしのマーケットマガジン
カメラ初心者が上手な写真を撮るために意識したいのが「構図」。写真の構図は「写真を通して見せたいもの」をより伝えやすくする撮影テクニックです。被写体に合わせた構図で写真が撮れれば、普通の写真がグッとお洒落に!基本の構図10個を紹介します。...

 

③被写界深度を調節する

画角が決まったら、次は被写界深度だ。

 

被写界深度とういうのは、ピントとボケを調節する項目。

ピントとボケができると、写真に奥行きがでる。

 

少し難しいように感じるかもしれないが、慣れてしまえばなんてことはない。

 

  1. 深度を合わせる
  2. 絞り値を調節する

この順番でやれば綺麗に調節できる。

 

被写界深度の調整① ピント深度を合わせる

被写界深度をONにしたら、

まず絞り値を0にして一番写したい物にピント深度を合わせよう。

 

(モンスターにピントを合わせた↓)

 

モンスターだけがくっきり写っている。

 

人物やモノを撮るなら、それがくっきり写るように深度を調節すればいい。

 

被写界深度の調整② 絞り値を調節する

深度が合わせられたら、次は絞り値を調節する。

 

絞り値を調節することで、”ぼかし”を強くしたり弱くしたりできる。

一番写したいモノ以外は少しだけボケさせると、被写体が浮かび上がって綺麗に見える。

 

④明るさやフィルターを調節する

最後に、明るさやフィルターを調節する。

 

この項目は”好き嫌い”や”個性”がでるところだ。

特に「こうした方がいい」というものはない。

自分が良いと思ったように調整すればいい。

 

まとめ

綺麗に撮影するための撮影の手順をまとめます!

①時間帯を決める

②画角を決める

③被写界深度を調節する

④明るさやフィルターを調節する

この手順を守れば、綺麗に撮ることができます。

 

是非みなさんも試してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました