【知っておけばよかった】勉強を効率よくする方法!アウトプットで人生が変わる!?

全ての投稿

こんにちは、バシオです。

最近こんな本を読みました。

 

アウトプット?なんやそれ?勉強と何が関係するの?という人もいると思う。

僕もそう。

僕がこの本を買った理由は、サックスの講師としてもっと説明が上手くなりたいし、ブログでもっと伝えやすい文章を作りたかったから。

 

どっちかというと「伝え方」や「書き方」を知りたかった。

 

けどいざ読んでみると、勉強に使えるじゃん!と思うことばかりだった。

高校生くらいの時に勉強の効率を良くするために知っておきたかったな〜と思う。

 

「アウトプット」を中心に勉強の効率化や自身の成長につながることがたくさん書いてあったので、今回はこの本のレビューを書いていこうと思う。

学びを結果に変えるアウトプット大全

書いた人

樺沢紫苑(かばさわしおん) さん。

日本一情報を発信する精神科医。

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」 
「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」 
「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」 

(毎日更新どんだけしてるんだ!!すごい。)

脳科学に裏づいた伝え方、書き方、働き方が書かれています。

アウトプットとは

「アウトプット」の意味は

  1. 出力する
  2. 生み出す
  3. 発信する

この3つの意味があります。

対義語は「インプット」

同じく樺沢さんの本で「インプット大全」という本も出されています。

(今回は紹介しませんが)

インプットよりもアウトプットすることの方が人間は成長する。

日本一発信する精神科医の樺沢さんが言うに、

人間はアウトプットすることで覚えたり成長します。

 

「アウトプット大全」の中では読書で例えられていました。

「本」って皆さん読みますよね。

自己啓発でも小説でも参考書でもなんでも良いですが、本を読むとその内容は脳に一回「インプット」されます。

けど人間の脳は常に大量のインプットが流れ込んできているので、すぐに本の内容を忘れてしまうんですね。

なのでそこで「アウトプット」です。

 

自分で「アウトプット」することによって、その記憶は脳に深く記憶されます。 

  • 月10冊読んで1回もアウトプットしない人
  • 月3冊読んで3冊アウトプットする人

この2つのパターンなら、後者の方が深く記憶しています。

つまり、アウトプットしないと人はすぐに忘れてしまうということです。

 

簡単なアウトプットの方法。

人に話すことです。

ノートに書いたりメモするのも良いですが、少々手間ですよね。

けど人に話すのは簡単だし、話題にもなります。

そして自分の記憶にも深く刻まれる。(良いことばかりやん)

 

一番簡単なアウトプットは人に話すことです!

注意:悪いことも記憶される。

腹立つことや嫌なこともアウトプットすると記憶されます。

これは気をつけないといけないことですね。

悪口や人の嫌味ばかり言っていると、それも「アウトプット」として脳に深く刻まれます。

 

ネガティブになる原因になるので、気をつけましょう。

アウトプットして勉強効率をUP!

覚えたことは自分から外に発信しましょう!

勉強に限らず、これからの体験を「発信」することで、自分の成長度合いがグッと上がります。

 

「アウトプット大全」には他にもいろんなアウトプットの実例とか「科学に裏付けられた伝え方」なんかも乗っていました。

 

面白い。

久々にグッときた本でした。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました