【R6S】初心者向け。撃ち合いで勝つために意識すること3つ。

FPS(PS4)

こんにちは、ばしおです。

今回は「レインボーシックスシージ」の初心者向けに、”撃ち合いで勝つためのコツ”を書いていきます。

 

【R6S】撃ち合いで勝つために意識すること。

撃ち合いで勝つためには、この3つのことを意識しましょう。

  • 常にヘッドショットを狙う。
  • 物陰に隠れながら撃つ。
  • ヤバかったら逃げる。

一つずつ解説していきます。

 

① 常にヘッドショットを狙う。

敵と出会って撃ち合いになったら、できるだけ頭を狙って弾を撃ちましょう。

 

このゲームは、どんなに威力の低い武器でも「ヘッドショット」を決めることができれば一瞬でキルできるからです。

 

「ヘッドショット」が決まれば、敵の攻撃もその時点で止まります。

無駄にHPを削られることなく、かなり有利な状態で生き残ることができるのです。

 

「ヘッドショットが決まらないから」といって下手に胴体を狙ってしまうと、逆に敵にヘッドショットされてしまう危険があります。

 

このゲームは「ヘッドショット」が強力なので、常に頭に弾を撃つ意識をしましょう。

 

難しい「ヘッドショット」を当てるためには。

「ヘッドショット」を狙うにも、そんなに簡単なことではありません。 

頭の判定は小さいし、自分の武器のブレなどもあります。

 

けど、少しだけ簡単にする方法があります。

「常にヘッドラインに照準を合わせておくこと」です。

 

「ヘッドライン」とは、”頭の高さ”のことです。

エイムを常に敵の頭の高さに置いておくことで、少しだけエイムが楽になります。

 

頭の高さにエイムを置いておけば、突然敵と遭遇した場面でもすぐに頭の付近を撃つことが可能です。

稀に腰打ちでヘッドショットが入ってしまうこともあるでしょう。

 

少しでも楽にヘッドショットを決めるために、常にヘッドラインにエイムを置いておきましょう。

 

② 壁や障害物に隠れながら撃つ。

撃ち合いが発生したとき、できるだけ壁や障害物に隠れながら撃ち合うようにしましょう。

 

体を壁や障害物に隠しながら撃つことで、被弾率が下がるからです。

 

壁や障害物は、一部をのぞいて弾丸を止めてくれます。

敵からすると弾が当たらないし、隠れているので見えづらいです。

 

一方的に有利な状況で撃ち合うことができるので、かなり勝率も上がります。

 

撃ち合いの時は、壁や障害物を利用して弾の被弾率を下げましょう。

 

③ ヤバかったら逃げる。

撃ち合いになった時、いざとなったら「逃げる」という判断も大切です。

 

例えば、

  • 敵が複数人いた時
  • 敵が物陰から撃ってきた時
  • 敵を仕留めきれなかった時
  • 自分のHPが低い時

このような場合です。

 

上記の例は、もう圧倒的に敵の方が有利な状況です。

この状態で撃ち合いをしても勝てる確率は低いので、こんな時は素直に逃げてしまいましょう。

 

状況を立て直し、少しでもこちらが有利な状態を整えてから撃ち合うようにすれば、少なからず最初よりは勝率が上がります。

 

逃げるのも戦略の一つなので、危ないと思ったら素直に逃げてしまいましょう。

 

 

 

まとめ

レインボーシックスシージの撃ち合いで勝つコツはこの3つです。

 

  • 常にヘッドショットを狙う。
  • 物陰に隠れながら撃つ。
  • ヤバかったら逃げる。

いかがだったでしょうか。

 

書いていて思いましたが、意外と”基本的なこと”が大切だったりします。

プロや上位プレイヤーの試合を見てても、当たり前のようにヘッドラインに照準が合ってるし、当たり前のようにヘッドショットを決めたりします。

 

基本のことを当たり前にできるよう、練習していきましょう。

僕も頑張ります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

なにか参考になれば幸いです。

 

おしまい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました