【レビュー】Switchのプロコンを2年使ってみた感想!

Switch

こんにちは、ばしおです。

今回は、任天堂Switchの「プロコン」のレビューを書いていきます!!

なんやかんや使いはじめて2年目になります。

2年間使った感想を書いていくぜ!

そもそもプロコンって?

軽くプロコンの説明だけすると、Switch本体に付属してるJoy-Conとは違う形のコントローラーです。

充電式で無線で動きます。

価格は6980円+税

公式からは

「グリップ型で持ちやすく、TVモードやテーブルモードでのゲームが、長時間でも快適にプレイできるワイヤレスコントローラーです。」

という売れ込み。

使ってみた感想。

普通に使いやすい。

グリップは握りやすいし、ボタンの配置がJoy-Conより格段に操作しやすい。

普通に使いやすいんだけど、僕が特に驚いた点はこの3つ!

  1. めちゃくちゃ電池が持つ
  2. 意外と丈夫
  3. 操作性が最高

① 電池がめちゃめちゃ持つ

一回充電すると、1週間くらい平気で持ちます。

(ゲームをプレイする時間によると思うけど)

 

僕は毎日プロコンを使って1〜2時間ゲームをするけど、電池が全然減らない。

任天堂の公式HPで調べると、バッテリーは40時間持つらしい。

毎日2時間ゲームをしても、20日間持つ。

(1週間なんて平気で持つやん。。)

 

1日で長時間ゲームをプレイするにも、バッテリーの心配をしなくていいのは嬉しい。

② 意外と丈夫

2年使ってますが、とくに故障もなく使えてます。

僕は普段、格闘ゲームの「大乱闘スマッシュブラザーズ」ばっかりやってるのですが、

スマブラは格闘ゲームなだけあって、かなりガチャガチャ乱暴にコントローラーを操作してます。

彼女に「ガチャガチャうるさい!」と言われるくらいなのですが、それでも2年何事もなく遊べてます。

 

僕のプロコンは”当たり”なのかもしれませんが、Amazonレビューを見ても長く使えてる人は多いようです。

(ps4のコントローラーはしょっちゅう壊れるけどね!)

よっぽど乱雑に使わなければ、普通に長く使えます。

 

③ 操作性が最高。

ボタンがとにかく押しやすいです。

ボタンの配置はもちろんですが、全体的にどのボタンもJoy-Conより大きく設計されています。

2倍くらいボタンの大きさが違う。

直感的にボタンを押す事ができて、手が疲れない。

スマブラとかスプラトゥーンみたいな、バトル展開が早いゲームは絶対プロコンの方がいいと思う

まとめ

僕がプロコンを2年使って感じた事はこの3つ!

  1. めちゃくちゃ電池が持つ
  2. 意外と丈夫
  3. 操作性が最高

正直、不満なところが思いつかないくらいです。

友達用、家族用、スプラやスマブラ勢、Switchの2個目のコントローラーを考えてる人は是非使って欲しい。

終わり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました