【Switchで使えるSDカード】種類の違いとオススメを紹介!

Switch

 

 

 

  • Switch用のSDカードを探してる
  • たくさん種類があるけど何が違うの?
  • どれがおすすめ?

 

このような悩みにお応えします。

なるべくわかりやすく簡単に書くので、ぜひ参考にして下さい。

【Switchで使えるSDカード】種類の違いとオススメを紹介!

任天堂Switch(Switch Lite)で使えるSDカード。

SDカードといっても、実は3つ種類があります。

 

 

  • SDカード
  • ミニSDカード
  • マイクロSDカード

この3つです。

 

名前が似てますが、この3つはそれぞれサイズが違います。

 

Switchだと「マイクロSDカード」しか使えないので、

他のSDカードを買わないように気をつけましょう。

 

 

 

容量の違い。

マイクロSDカードは容量によって名前が変わっています。

 

 

  • 2GBまでは「マイクロSDカード」
  • 4GB〜32GBまでは「マイクロSDHCカード」
  • 64GB〜2TBまでは「マイクロSDXCカード」

 

このように名前が少しだけ違います。

 

Switchのダウンロード版ゲームは、だいたい1つ15GBくらいなので、

現実的には「マイクロSDHCカード」か「マイクロSDXCカード」がswitch用のSDカードになります。

 

 

読み込み速度(ロード時間)の違い。

基本的には「マイクロSDHC」か「マイクロSDXC」と書いてあるものを買っていただいて大丈夫ですが、

もう少しだけ違いを説明すると、「読み込み速度」が速いものがあります。

 

それが、「UHS-I」と記入があるものです。

 

「UHS-I」とは、「ウルトラ・ハイ・スピード(Ultra High Speed)」の略です。

通常のSDカードよりも読み込み速度が速いのが特徴です。

 

読み込み速度が速いと、

 

  • ゲームの起動が早い
  • ロード時間が短くなる
  • プレイ中のカクツキが減る

 

このような利点があります!

 

なるべく快適にプレイしたい人はこの「UHS-I」のマークが入ったSDカードを選ぶのがおすすめです。

 

おすすめのSDカード。

以上の観点から、僕的にオススメの「Switch用SDカード」を2つ選んでみました。

 

 

①Samsung EVO Plus 128GB microSDXC UHS-I

1番おすすめのSDカード。

僕が実際に使っているSDカードで、世界最大級家電メーカー「サムスン」の商品です。

価格は3000円。

(任天堂公式でも紹介されてるSDカード。)

 

128GBなので、APEXやスマブラなどの容量の大きいゲームも余裕で入りますし、追加コンテンツやアップデートが来ても心配ない容量です。

 

さらに、「UHS-I」なのでロードが早く、快適にゲームがプレイできます。

 

買うなら迷わずコレ。

 

 

②Samsung EVO Plus 64GB microSDXC UHS-I

こちらは、なるべく安く済ませたい人にオススメ。

 

上記に紹介した「Samsung EVO Plus 128GB」の一つ下の価格帯のSDカードです。

 

容量は64GBの半分になりますが、価格も半分で1500円。

 

「UHS-I」なのでロードも早いという、コスパ最強のSDカード。

 

あまり多くのゲームをやらない人や、とりあえず安く済ませたい人におすすめです。

 

 

まとめ。

今回の記事で、大事なとこだけまとめます。

 

・Switchでは「マイクロSDカード」しか使えない。

・Switchで使うなら、マイクロSDHCカードかマイクロSDXCカード。

・さらに、「UHS-I」だと読み込み速度が速くて快適にゲームができる。

・おすすめは「サムスン」のSDカード。

 

以上です。

 

今回は、SDカードの違いやオススメをなるべくわかりやすく説明してみました。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ばしお

コメント

タイトルとURLをコピーしました