【レビュー】「ワンダと巨像」をしばらくやってみた感想!

PS4

PSプラスで「ワンダと巨像」が3月のフリープレイということで、早速プレイしました。

なんとか8体目まで倒して動画にしてます。

YouTubeにアップロードしたので、是非見てください。

【ワンダと巨像#1】名作と言われてるゲームをプレイしてみた。

今回はそれまでの感想を話したいと思います。

 

【レビュー】「ワンダと巨像」をしばらくやってみた感想!

感想はたくさんありますが、書き始めると長くなってしまうので、大きく3つのテーマで話していきます。

  1. 巨像との闘いについて
  2. ストーリーの展開について
  3. それ以外に思ったこと

↑この3つのテーマで感想を書きます。

 

1. 巨像との闘いについて

巨像との闘いは「謎解き」×「アクション」という感じです。

 

巨像は「ひと工夫」しないと弱点を攻撃できません。

どうやったら倒せるのか?何を活用すれば倒せるのか?

それらを考えなければいけません。

この「謎解き」要素が結構面白いと思います。

 

倒し方がわかれば、サクサクと巨像にダメージを与える事ができるのです。

・倒し方がわかった時の「わかったぞ!」っていう発見の喜び。

・実際に巨像を攻撃して倒したときの達成感。

この二つを味わえる戦いだと思いました。

 

(知恵の輪のはずし方がわかった時と感覚は似てるかも。)

 

2.ストーリーの展開について

ストーリーの展開は、、、正直遅いです。 

結構な数の巨像を倒さないとストーリーが進展しません。

(しかも、ようやく進んだと思ったらすごく短い謎のムービーが流れるだけという。。)

 

1番最初の「女の子を生き返らせたい!」という主人公の思いだけ汲み取って、ひたすら巨人を倒さなければなりません。

 

正直モチベーションが続かないです。

序盤はまじで感情移入できない。

 

ストーリーは良いと思うけど、進展が遅いのが不満。

 

3.それ以外に思った事。

全体的に「面白いゲーム」というより、「芸術的なゲーム」だと思いました。

 

ゲーム内の美しい風景、オーケストラの演奏を録音したBGM、謎の多い神秘的で幻想的なストーリー。

ゲーム自体の面白さとは別に、芸術的な美しさの「こだわり」を感じました。

派手なアクションや爽快さはないですが、美しいという感性をくすぐるゲームだと思います。

(美術館のすごく綺麗な絵を見るときと感覚は似てるかも)

 

まとめ

面白いといえば面白いけど、退屈といえば退屈。

結構人を選ぶゲームだなと思いました。

 

僕は好き。

今まであまり体験したことのない世界で、何より美しいから。

 

気になった人は是非やってみて!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました