「どのくらい難しいのか」難易度についての感想。【エルデンリング】

エルデンリング
スポンサーリンク

「エルデンリング」気になってるんだけど、、

  • 難しいの?
  • どのくらい難しいの?
  • 歴代のシリーズと比べるとどうなの?
  • 難易度は選べるの?
  • 「死にゲー」初心者でも楽しめるの?

こちらの疑問にお答えします。

 

こんにちは、ばしおです。

 

今回は、エルデンリングの「難易度」について、

実際に僕がプレイした感想を書いていきたいと思います。

 

是非参考に見ていってください。

 

スポンサーリンク

「どのくらい難しいの?」→難易度についての感想。【エルデンリング】

「エルデンリングはどのくらい難しいのか?」

 

最初に結論を言ってしまうと、こんな感じです↓

  • ゲーム全体の難易度は高い。ゲーマー向けな高難易度
  • 「死にゲー」の過去作品と比べると、比較的優しいほう。
  • ストーリーの進行に関係するボスは、過去最強レベルに強い。
  • 難易度は選べない。変更できない。
  • 「死にゲー」が苦手な人&初心者でも楽しみやすいシステムだと思う。

こんな感じ。

 

詳しく書いていきますね。

 

ゲーム全体の難易度は高め。

全体的な難易度は、すごく高めです。

 

  • ザコ敵でも、3〜4回殴られたら死にます。
  • トラップが仕掛けてある場所がたくさんあります。(引っかかると死ぬ)
  • 体力を回復できる回数が決まってます。(チェックポイントで回数は回復)
  • ボスは動きが早く、攻撃力が高く、絶望的なくらい強いです。
  • 敵を倒して得た経験値は、死ぬとその場にドロップします。(回収できる)
  • NPCは、何を言ってるか正直わからないです。
  • ストーリーもなんだかわかりずらいです。

 

他のオープンワールドRPG「ホライゾン」「ゴーストオブツシマ」「アサシンクリード」などいろいろありますが、それと比べても難易度は圧倒的に難しいです。

 

かなり「ゲーマー向け」な高難易度になります。

 

歴代のシリーズと比べると、比較的「優しい」と感じる。

かなり難しいとは思いますが、歴代の「死にゲー」(ダークソウル/ブラッドボーン/隻狼など)と比べると、比較的優しいと感じました。

 

僕がそう思った理由は4つです。

  • チェックポイントが大量にある。
  • 強いボスがいるぶん、弱いボス(中ボス?)もたくさんいる。
  • オープンワールドだから、攻略に詰まっても他の場所を探索できる。
  • 味方NPCを「召喚」できて、一緒に戦える。

とくに、「オープンワールドだから、攻略に詰まっても他の場所を探索できる。」っていうのが大きな理由です。

 

難しいところは「後回し」にしても良い。

プレイしていると、どうしても勝ち目がなさそうなボスと遭遇することがあります。

「こんなの絶対無理」「手も足も出ない」

 

 

しかしそんな時は、そのエリアは「後回し」にしてしまいます。

 

本作は広大なオープンワールドなので、他に探索できる場所がたくさんあるのです。

 

他のエリアを探索しているうちに、レベルが上がったり、新しいアイテムが入手できます。

探索しているうちにどんどん強くなっていくので、攻略に詰まったところも、再度挑戦するとすんなり攻略できちゃったりします。

 

なので、「攻略に詰まっても後回しにできる」というのが、歴代のシリーズよりも優しく感じたポイントです。

 

ストーリーの進行に関係するボスは、過去最強クラスに強い。

全体的には「優しい」「前作よりも快適」とは思いますが、倒すとストーリーが進行するボスに関しては、過去最強クラスに強いと感じます。

 

なぜなら、ストーリーの最初に立ちはだかるボス「マルギット」を倒すのに、僕は4時間くらいかかったからです。

 

「お前が下手なだけじゃない?」と思われそうですが、最初の大ボス「マルギット」を攻略できない人は結構多いです。

 

プレステのトロフィーを見ると、全体の68%くらいしかマルギットを倒せてないです。

つまり、残りの32%、、約3人に1人は「最初のボスで詰んでる」ということです。

 

やばくないですか?

ゲーム序盤の、最初のボスですよ。。

 

ストーリーに関係するボスはめちゃめちゃ強いです。

過去最強だと思います。

 

僕は付近のダンジョンを攻略して、レベルを上げてから挑んだら倒すことができました。

 

これからプレイする人は、「ストーリーのボスはめちゃめちゃ強い」と覚悟しておいた方が良いです。

 

難易度は選べない。

本作は難易度を変更したり、選ぶことはできません。

 

難易度の選択はなく、最初から最後まで同じ難易度です。

 

「死にゲー」初心者でも楽しめると思う。

実際に「エルデンリング」をプレイしてる僕ですが、、

「死にゲー」初心者の方でも楽しみやすい作品だと僕は感じました。

 

というのも、

今まで「死にゲー」を散々リタイアしてきた僕が楽しめたからです。

 

僕は、「死にゲー」初代の「デモンズソウル」から初めて、

  • ダークソウル1、
  • ダークソウル2、
  • ダークソウル3、
  • ブラッドボーン、
  • 隻狼、

全ての「死にゲー」シリーズをプレイしてきました。

 

しかし、

「ダークソウル1」だけクリアして、他の「死にゲー」は全部10時間くらいでリタイアしました。

自分、、「死にゲー」向いてないんだな。。

唯一クリアした「ダークソウル1」も、攻略を見て全部クリアしたような感じで、そこまで楽しめてはいなかったんです。

 

なぜか「エルデンリング」は40時間以上もハマっている。

しかし、、、「エルデンリング」はめちゃめちゃ楽しめてます。

 

もうすでに40時間以上もプレイしています。

それは、なぜか。

 

ズバリ、攻略に詰まる場面が少ないからです。

 

ダンジョンが大量にあって、フラフラ探索するのが楽しいし、

ダンジョンの奥にいる「少し弱めのボス」を倒すと、強力なアイテムと大量の経験値がもらえます。

 

レベル上げや装備のアップグレードがしやすく、キャラがすぐに成長します。

 

RPGでありがちな「ミッション」や「クエスト」のようなものもなく、自由に探索&攻略を進めていいのも、良いシステムだと思います。

 

過去作品よりも「チェックポイント」が大量にあるので、死んでも直前からリトライしやすく、

ドロップした経験値を拾いやすいのも、スムーズに攻略が進められるポイントだと思います。

 

理由を語り出したら、キリがないくらいです。

 

エルデンリングは歴代の「死にゲー」よりもストレスが激減されていて、快適に冒険することができます。

 

とにかく楽しくて、今まで「死にゲー」を散々リタイアしてたのが嘘なくらいハマってます。

 

なので、「死にゲー」が苦手な人、あまりプレイしたことがない人でも、今作は十分に楽しめる作品だと思いました。

 

まとめ:難しいけど、めっちゃ面白いよ。

「エルデンリング」気になってるんだけど、、

  • 難しいの?
  • どのくらい難しいの?
  • 歴代のシリーズと比べるとどうなの?
  • 難易度は選べるの?
  • 「死にゲー」初心者でも楽しめるの?

こちらの疑問をテーマに、記事を書いてみました。

 

僕がプレイして感じた「難易度」に関することはこちら↓

  • ゲーム全体の難易度は高い。ゲーマー向けな高難易度。
  • 「死にゲー」の過去作品と比べると、比較的優しいほう。
  • ストーリーの進行に関係するボスは、過去最強レベルに強い。
  • 難易度は選べない。変更できない。
  • 「死にゲー」が苦手な人&初心者でも楽しみやすいシステムだと思う。

こんなことを僕は感じました。

 

難しいゲームです。

 

簡単ではありません。

 

しかし難しいぶん、どことなくリアルで、、

ハラハラドキドキしながら戦う緊張感は、他のRPGでは味わえません。

 

すごく楽しいので、気になったら是非プレイしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました