「強すぎ!?」最初の大ボス「マルギット」を倒すまでにやったこと【エルデンリング】

エルデンリング
スポンサーリンク

こんにちは、ばしおです。

 

今日は、エルデンリングのボス「忌み鬼、マルギット」を倒すまでにやったことを書いていきます。

 

マルギットやばすぎます。

強すぎるだろwww

 

ストーリーの最初のボスとは思えない強さです。

死にまくりすぎて、ハゲそうになりましたね。

 

今回の記事では、

  • マルギットを倒すまでにやったこと
  • マルギットとの実戦で意識したこと

この2つを書いていきます。

 

マルギット戦で苦しんでいる方の参考になれば良いと思います。

 

スポンサーリンク

「強すぎ!?」最初の大ボス「マルギット」を倒すまでにやったこと【エルデンリング】

最初に、マルギット戦までに準備したことを書いておきます。

 

僕が準備したのは大きく5つです。

  1. ダンジョン探索しまくって、レベルを上げる。
  2. 1つの武器を徹底的に強化する。
  3. 物理100%カット盾を入手する。
  4. 序盤最強の遺灰「民兵スケルトンの遺灰」をゲットする。
  5. 「投げ物」を準備しておく。

この5つ。

 

① ダンジョン探索しまくって、レベルを上げる。

まず、僕は17レベルまでダンジョン探索でレベル上げをしました。

 

17レベよりもレベルが低いと、手も足も出なかったからです。

 

「動きさえわかれば倒せるはず」と、最初はとにかく挑戦しまくって、数をこなしていましたが、圧倒的に火力&体力不足でした。

2時間挑戦したけど、倒せなかった。

 

なので、ひとまず「マルギット」は後回しにして、周囲の探索やダンジョンの攻略を進めていきました。

 

多分、余裕を持って倒したいなら20〜25レベくらいまで上げた方が良いと思います。

 

② 1つの武器を徹底的に強化する。

武器も、1つの武器を徹底的に強化しました。

 

僕がマルギットを倒した時の武器は「ロングソード+2」です。

ロングソードは使い勝手が良く、リーチも長かったので愛用していました。

武器の強化素材である「鍛石【1】」を集めるのが結構大変でしたが、

ダンジョン攻略や探索をしているうちに、気がついたら集まっていました。

 

どれか1つの武器を+2まで強化できれば、かなり攻略が楽になると思います。

 

③ 物理100%カット盾を入手する。

物理攻撃を100%カットする盾「獣紋のヒーターシールド」を入手しました。

 

この盾は、物理攻撃を0ダメージにしてくれる盾です。

マルギットの長い杖での攻撃や、尻尾攻撃を0ダメージにしてくれます。

 

(入手方法は別の記事で書きました↓)

序盤最強の盾「獣紋のヒーターシールド」の入手方法【エルデンリング】
ゲーム序盤で手に入る強い盾ってどれ? こちらの疑問にお答えしていきます。 こんにちは、ばしおです。 今回は、「エルデンリング」のゲーム序盤で手に入る最強の盾「獣紋のヒーターシ...

 

ガードはスタミナが大きく削れるので多用はできませんが、いざとなった時に一命を取り留めてくれます。

 

マルギット戦以外にも、ダンジョンのザコ相手には超優秀な盾なので、一応ゲットしておいた方が良いと思います。

 

④ 序盤最強の遺灰「民兵スケルトンの遺灰」をゲットする。

序盤最強の遺灰「民兵スケルトンの遺灰」もゲットしました。

 

「民兵スケルトンの遺灰」は、スケルトンを2対召喚する遺灰です。

スケルトンは体力が0になっても、追撃を喰らわない限り何度も甦ります。

 

マルギットの攻撃を受ける囮役おとりやくとしてかなり役立ったので、「民兵スケルトンの遺灰」も良かったらゲットしてみてください。

 

(入手方法は別の記事で書きました↓)

スケルトンを召喚する術「民兵スケルトンの遺灰」の入手方法【エルデンリング】
スケルトンの遺灰ってどこで手に入るの? こちらの疑問にお答えします。 こんにちは、バシオです。 今回は、スケルトンの遺灰を入手できる場所を書いていきます。 スケ...

 

⑤ 「投げ物」を準備しておく。

「投げ物」も、一応準備しておくと良いです。

 

「投げ物」というのは、投げてダメージを与えられるアイテムのことです。

例えば、「火炎壺」「投げ矢」「ボルト」などのことを言います。

 

マルギットの後半戦(ハンマーが出てから)では、

近づいて攻撃する隙が少ないからです。

 

後半戦では、動きが素早く、攻撃モーションも増えて、

なかなか近づくことができないです。

 

そんなときに、遠くからダメージを与えられる「投げ物」を持っておくと、比較的安全にダメージを与えることができます。

 

なので、後半戦を楽に戦うためにも「投げ物」を何か持っておくと良いです。

 

僕のおすすめの投げ物は「火炎壺」と「骨の投げ矢」です。

どちらも「アイテム製作」から作れます。

「火炎壺」の入手方法【エルデンリング】
「火炎壺」ってどうやって入手するの? こちらの疑問にお答えします。 こんにちは、ばしおです。 今回はエルデンリングの「火炎壺」の入手方法を書いていきます。 火炎壺はよく...

 

 

マルギットとの実戦で意識したこと。

「マルギットを倒すまでにやったこと」は書いたので、ここからは実戦で意識したことを書いていきます。

 

僕がマルギット戦で意識したことはこちらです↓

  1. ロジェールとスケルトンを囮にして攻撃する。
  2. 1発殴ったら、すぐに離れる。
  3. 後半戦は、離れてハンマー攻撃を誘発させる。
  4. 暇があったら「投げ物」で遠距離攻撃する。

この5つ。

 

詳しく説明しますね。

 

① ロジェールとスケルトンを囮にして攻撃する。

まず、入り口で召喚できる「ロジェール」と、遺灰の「スケルトン」を囮にして、

とにかく攻撃しました。

 

マルギットは、攻撃しまくると「ダウン状態」になります。

 

「致命の一撃」を入れるチャンスが何回も訪れるので、最初はロジェールとスケルトンを囮にしてどんどん殴った方が良いと思います。

 

② 1発殴ったら、すぐに離れる。

味方のロジェールとスケルトンは、結構早めに死にます。

 

そこからは、「1発殴ったらすぐに離れる」といった慎重な立ち回りが必要だと思いました。

このくらい離れた方が良いかも。

 

2〜3発と連続攻撃をしてしまうと、マルギットの攻撃が避けられないからです。

 

マルギットは、攻撃スピードが早く、リーチも長いです。

 

ちょっとでも避けるのが遅かったり、マルギットと距離が近いと攻撃が当たってしまいます。

 

僕はロングソードで戦いましたが、2発切り込むと、だいたい反撃を受けていました。

 

2〜3発と連続攻撃をしてしまうと、マルギットの攻撃に対処できなくなるので、なるべく1発にとどめて、すぐに離れて様子見をした方が良いです。

 

③ 後半戦は、離れてハンマー攻撃を誘発させる。

マルギットの体力が3分の1くらい削れると、

ハンマーを使った攻撃をしてくるようになります。

後半戦からは、なるべく距離を離れて、ハンマー攻撃を誘発させた方が良いです。

 

なぜなら、ハンマー攻撃は隙が大きいからです。

 

ハンマー攻撃は、タイミングよく回避をすれば、比較的簡単に避けることができます。

 

また、ハンマーを降った後は少し長い硬直があるので、その間は比較的安全にダメージを与えやすいです。

 

なので、後半戦ではなるべく距離を取って、ハンマー攻撃を誘発させて戦うのがおすすめです。

 

マルギットと距離が近いと、なかなかハンマー攻撃をやってくれないです。

 

④ 暇があったら「投げ物」で遠距離攻撃する。

マルギットとの距離が遠かったり、近づきにくいときは、

「投げ物」で遠距離攻撃をするのがおすすめです。

「火炎壺」や「投げ矢」は、遠くから安全にダメージを与えることができます。

 

与えられるダメージは少ないかもしれませんが、少しでも安全にダメージを与えられれば、その後の近距離戦の回数を減らせます。

 

マルギットとの距離が開いてるときは、「投げ物」で少しずつダメージを与えてみましょう。

 

おまけ:預言者で戦ったら余裕でした。

放浪騎士で死ぬほど苦労したマルギットですが、、

 

預言者で戦ったら超余裕で倒せました。

 

やっぱり距離を取って遠距離戦をすると、かなり戦いやすかったです。

 

まとめ。

死ぬほど強かったボス「忌み鬼、マルギット」を倒すまでにやったことを書いてみました。

 

改めてまとめるとこちらです↓

✔︎ マルギット戦までに準備したこと。

  1. ダンジョン探索しまくって、レベルを上げる。
  2. 1つの武器を徹底的に強化する。
  3. 物理100%カット盾を入手する。
  4. 序盤最強の遺灰「民兵スケルトンの遺灰」をゲットする。
  5. 「投げ物」を準備しておく。

✔︎ マルギット戦で意識したこと。

  1. ロジェールとスケルトンを囮にして攻撃する。
  2. 1発殴ったら、すぐに離れる。
  3. 後半戦は、離れてハンマー攻撃を誘発させる。
  4. 暇があったら「投げ物」で遠距離攻撃する。

こんな感じです。。

 

まじで倒すまでに時間がかかりました。。。

ストーリーの最初に立ちはだかるボスにしては強すぎますね。

 

文章で説明するのは難しいですが、誰かの参考になれば幸いです。

 

終わり。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました